忍者ブログ
新花鳥風月のバンドブログ 2011年4月りにゅ~ある
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

70年代に「Greco」のギターを買うと付属品で付いてきた
カセットテープを覚えている人も多いんじゃないですか。
今日は、そのカセットの事を書こうと思って、色々調べていたんです。

そしたら意外な事実が…
そのカセットの解説とギターは「成毛滋」という人です。
(2007年に享年60歳で死去されていました合掌)

その頃の彼の音楽界の結びつきは、結構凄いんですが
まぁ、ここで私がとりたてて騒ぐほどの事でもないんです。
だけど、家系がビックリ!

あの「ブリジストン」の創業者の孫なんですって
と言う事は、今をときめく総理大臣
「鳩山由紀夫」さんと従兄弟だって言うんだから、驚きました

「成毛滋のレア音源」で検索するとHPがヒットしますので
その中の「Greco」の中に当時のカセットの音源がmp3でアップされてます。
滅茶苦茶、懐かしいですよ

拍手[0回]

PR
しばらく替えてないので
弦でも取替えようと思い立ちました。
ふと気付けばもう2ヶ月近く張りっ放しです
99c6cce8.jpeg




まずは、ペグを緩めて
裏のロックを廻して、弦を外します。
その後は6本まとめてブリッジの下から引き抜きます。
7f8c4b09.jpeg




外した弦は巻いて、燃えないゴミです。
ブリッジやマイク周りにどうしても
埃がたまるので、エアダスターで吹き飛ばします。
a7ec858d.jpeg




そして新しい弦を用意します。
おなじみの、ピック付きで180円の激安弦セットです
絡まないように、プラスチックで固定されてます。
01298624.jpeg




6弦から順に張って行きます。
ペグを通して弦をちょっと折ってから
ロックを廻して固定します。
DSCF1389.jpg




チューニングします。
ブリッジがフローティングなので
6弦から1弦まで何回も合せます。
DSCF1390.jpg




弦の先をニッパーで切って完成です。
あれだけアームを使っても弦が切れないのは、やっぱり
ストリングセイバーとローラーナットのお陰ですね
DSCF1391.jpg

拍手[0回]

以前に使用しているピックを紹介した事があったのですが
今日はその続編です。

「ESP」の三角ピック、材質はポリアセタール
厚さはミディアムで0.8mmです。
滑り止めのロゴが付いています

「ポリアセタールは、摩擦係数が少なく
耐磨耗性にすぐれています。耐熱性があり
吸湿性が少なく、高温、有機溶剤に耐えます」

と、万能なプラスチックのようです。
確かに、以前に使っていたFenderのセルロイドのピックに
比べると同じくらいの使用量でも、全然減らないのです

今般、色違いがあるというので注文してみました。
過去に遡っても黒いピックって使った事なかったんで
斬新でちょっと良いかも…
esp-pick001.jpg




こんな些細なところで日々のモチベーションを保っています。
今週から花鳥風月の練習も開始しようかと思ったのですが
ドラムの都合がつかずに流れそうです。

これでまた個人練習の気力が少し萎えました。
それでも来週の練習日に向けて、少しづつコピーしようと思います。
こんなのも入手したので、またまたギター(テクじゃない?)に磨きがかかります
fender-parts001.jpg

拍手[0回]

ストラトを使用しているので、なんとなく
ストラップもFenderを使用するのが良いかなと思って。
ずっと愛用しているモノグラムの「黒・黄・茶」も
結構くたびれて来たので新調しました。
「白・茶・黄」です

そしたら…、異常に「長い」んです。
長さは調整出来るんですが、肩にかけると2重の部分が
体の前の方にあるんです。
ここ10年ほどで日本人の体型もここまで進化したのか?
いや、直輸入なので、欧米人の体型に合わせているようです。
DSCF1375.jpg


それで、以前の「黒・黄・茶」と比べてみたら
こんなに長いのです
そこで、改造熱がむくむくと
DSCF1376.jpg



はい、切り取りました。
長さを「黒・黄・茶」に合わせて
縫い目をほぐして、切り取って
ミシンでデニム用の糸で縫い合わせました。
DSCF1377.jpg


ちょっと長いですが、ほぼ
「黒・黄・茶」と同じ長さです
こだわりのストラップ改造(裁縫?)でした。

拍手[0回]

今朝出勤時にフロントウィンドーが凍っていて
ワイパーが利かないので、あわててスノーブレードに交換したツボんぬです。
今宵は豪華2本立てで行こうかと思います。

今般ギター関連の本体からパーツまで
色々とネットショッピングをしましたが、一番の驚きはこれです。
金額を合わせる為に購入したギター弦です。
strings001.jpg







通販オリジナルブランドのギター弦なんですが
ウルトラライトゲージからライトゲージまで5種類を揃えて
しかも写真を見てもらったら判ると思うんですが

ピック付きなんですよ!
それで、なんと、お値段は税込み180円です。
「ジャパネットたかた」か?

いやー安い。
だって普通ピック単体で100円くらいしちゃうでしょ?
そしたら、ピック代引いたら弦代は80円!ありえないでしょう

高い弦張って死に弦にしてるより
この弦買って毎週取り替える方がずっとマシかもね。
ただ、耐久性とか、信頼性とか、毒性(メッキ?)とかどうなんでしょうね。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
つBONぬ
性別:
非公開
バンド花鳥風月は終了しました。

<最終メンバー>
六弦♂ツボんぬ
鍵盤♀路里
太鼓♂宮の字
四弦♂JAMマスター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/17 つBONぬ]
[04/17 sgi]
[04/08 つBONぬ]
[04/08 Kさんちのミミコ]
[03/21 つBONぬ]
[03/21 jamマスター]
[03/06 つBONぬ]
[03/05 jamマスター]
[03/05 つBONぬ]
[03/04 シンヤ]
メールフォーム
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]