忍者ブログ
新花鳥風月のバンドブログ 2011年4月りにゅ~ある
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の日帰り温泉がイモ洗いだったので
今日は平日リベンジに行きました。
天気は薄曇りでまずまずです。
 
13時過ぎに到着すると
先日とは打って変わって車はポツポツ
これは期待できそうです。
 
早速、入浴料1人500円を払って
「今日は1時間半入浴だね」
と、鍵盤と約束して入ると
「おぉー」貸切じゃないですか
DSCF0098.jpg



  
 
 
ささっと体を洗い、湯船にザバーン!
ん~、最高です。
髪を洗い、体を洗い、ヒゲを剃り
後はこの誰もいない露天風呂で…
DSCF0102.jpg





  
1時間以上、上を向いたり、下を向いたり
半身浴したり、全身浸かったり
すっかり堪能しました。
温泉最高~

拍手[0回]

PR
先日のラクダ号(軽自動車)の長距離ドライブに味を占めて
今日も行って参りました。文化の日の3日に
タイヤとワイパーを冬用に交換したので、何処に行ってもOKです

前回の倶知安より遠くに、しかも今回は日帰り入浴を
と、言う事で「モッタ海岸温泉旅館」を行き先に設定しました。
北海道で一番のラジウム含有量を誇る温泉だそうです。

昨日までの天気と違って、今日は晩秋の好天
最高のドライブ日和です。樽前から支笏湖
洞爺湖を通って前回も休憩した、豊浦の道の駅で休憩です
DSCF1269.jpg





黒松内を通って、島牧に抜けます。
途中の風景はこんな感じです。
風力発電の風車が見えます。
8692ab2b.jpegf204a09b.jpeg





日本海が見えて、島牧についてから
国道229号線を南下します。
左手に「モッタ海岸温泉」と書かれた石垣を見たら左折です。
e37dc3ae.jpeg





建物は平成11年にリニューアルしているそうでとてもきれいです。
日帰り入浴代金500円を払って、早速入浴してみます。
「いやー、貸切!最高!!」
555335ac.jpeg





体から悪いものが全て流れるような温泉でした。
泉質が「ナトリウム塩化物泉」に変わっていたそうですが
日本でもトップ級のラジウム含有量を誇ることに変わりはないようです
DSCF1284.jpg





完全にのぼせ上がって外に出ると
温泉犬が待っていました。
平成19年生まれの名前は「エス」です。
DSCF1286.jpg





帰りは道の駅「よってけ!島牧」で休憩して
夕日を背に帰りました。
総走行距離は400㌔弱でした
DSCF1289.jpgDSCF1290.jpg





モッタ海岸温泉旅館
  場所 : 島牧郡島牧村栄浜362の1
    電 話 : 0136-74-5336  
  料 金 : 500円
  泉 質 : ナトリウム塩化物泉(ラジウム温泉)

拍手[0回]

鍵盤と結婚してから趣味で、道内の温泉を巡っています。
道東、道央、道南と、トータルするともう数十件泊まり歩いてます。
そして最近思ったことがあります。

温泉という名前のとおりに
源泉掛け流しの本物の温泉の
温泉旅館(ホテル)に泊まるのが良いのか。
koikawa.jpg




温泉は加温・加水・循環でも
部屋や食事やその他リゾートホテルとして総合的に
良いホテルに泊まるのが良いのか。
tsuruga.jpg




その時々で迷います。
源泉掛け流しでリゾートホテルが
一番良いのは当たり前ですが
そんな都合の良いところはなかなかなくて
あっても1泊の宿泊料金がべらぼうに高いかです。

今日の写真はまぁ、参考ということで
写真の旅館やホテルがそうだという意味では
ありませんので、あしからず…

今年は、いよいよ道外進出
東北に遠征という話もあったのですが
この不景気でボツになりかかってます。
まぁ早く景気が良くなって欲しいものです。

拍手[0回]

一足早いゴールデンウィークを満喫して来ました。
温泉宿泊です。
いつもは「源泉掛け流しが、あーだこーだ」
「料理は部屋食で、うんちゃらかんちゃら」
な二人ですが、今回は超激安ツアー。

文句は言わずに宿をチョイスしました。
場所は川湯温泉、KKRかわゆ
川湯温泉って全部の宿が、源泉掛け流しなんですね。

すごーい。。。
昨今の温泉ブームに浮き立つツボんぬには
最高の温泉でした。
dd6f55c5.jpeg




丁度ゴールデンウィークの中日、宿泊客も数組です。
もちろん温泉は貸切状態、
うーん、最高!
1fd2ae65.jpg




源泉掛け流しの温泉に行ったなら、
一度はやってみたいと思う事があったのです。
湯船の外側、お湯が床に流れている場所で、
ごろごろと横になって湯浴みをしようと思ったのですが、
残念ながらこの湯船は、
流れたお湯が直ぐに側溝に入って、
湯浴みをさせてくれません。
あー、残念。

「とど」にはなれませんでした=(ーωー)=


拍手[0回]

鶴雅ほどではないのですが、道南の
とある温泉宿に泊まりに行った時のお話です。

その温泉は川沿いで、広大な敷地内につり橋や散策路があり、
木立の中に露天風呂がある、素晴らしい宿でした。

そして何より良かったのは、散策を終えて、宿の裏を通った時に
発見しました。

61c42fce.jpg





「あ・い・つ・ら」です。ワラワラといます。しかもかなり警戒してます。
近寄ると「バーッ」と逃げてこちらを見ています。
頭を「ナデナデ」はさせてもらえませんでしたが、
最高の宿でした。

今週末は、その素敵な「あいつら」がいる、
KON家にお邪魔する事になりました。
存分に「ナデナデ」させて頂きます。

ツボんぬ

拍手[0回]

プロフィール
HN:
つBONぬ
性別:
非公開
バンド花鳥風月は終了しました。

<最終メンバー>
六弦♂ツボんぬ
鍵盤♀路里
太鼓♂宮の字
四弦♂JAMマスター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/17 つBONぬ]
[04/17 sgi]
[04/08 つBONぬ]
[04/08 Kさんちのミミコ]
[03/21 つBONぬ]
[03/21 jamマスター]
[03/06 つBONぬ]
[03/05 jamマスター]
[03/05 つBONぬ]
[03/04 シンヤ]
メールフォーム
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]