忍者ブログ
新花鳥風月のバンドブログ 2011年4月りにゅ~ある
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [175
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

溝にキッチリ入るようになったので、後は深さの調整です。
寸法図には指板のアールの一番高いところから
2.667mmから2.921mmの間で調整するように書いてあります。

深くしすぎると取り返しがつかないので、ノギスで2.7mmに合わせます。
しかし、ここで前回書いたように元々アールがついた溝だったので
寸法通りに削っても両サイドが切れています。

仕方ないので、木工ボンドで埋めることにしました。
あとはビス止めして完成ですが、弦の高さとナットの位置ずれで
フレット音痴になってないかを確かめなければなりません。

一旦ペグとストリングスガイドを取付けて
ネックをボディに取付けて弦を張り
チューニングします。

う~ん…気持ち、ナットが高いような気がします
でも、削るのはいつでも出来るし、1Fでの音程、12Fでの音程
オクターブもOKなので今回は説明書通りの2.7mmで行きます。

再度、弦を外してネックだけにします。
ナットを注意深くセンターに合わせて
ドリルで穴を開ける位置をマーキングしました。

用意した1.5mmのドリルで、穴の深さも指定されている通りに
開けます。斜めにならないように少し緊張しました。
ビスもインチサイズなので、締付けもナメないよう気を使います
DSCF1267.jpg





これで取付けは完成!しかし、ネックの幅がナットより少し広いので
以前にストリングスガイドの穴を埋めたパテで隙間を埋めました。
この上から木工用ニスを塗ってまる1日乾燥させて完成です。
DSCF1268.jpg





再度パーツを取付けて、ネックをしっかりビス止めして
新しい弦を張りました。
生音は、ナットが金属になったせいでちょっと硬い感じです。

拍手[3回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
上手に付けてるじゃぁないですか。
チューニングはどうなんでしょう?

sgi 2009/11/08(Sun)18:42:04 編集
無題
今晩は、sgiさん。
へっへっへ、そりゃもうチューニングに関して言えば
言う事なしですよ。ロック式以外はこれ最強!でしょう。
音色は・・・、Liveを聞きに来て下さいね
ツボんぬ 2009/11/08(Sun)19:35:41 編集
プロフィール
HN:
つBONぬ
性別:
非公開
バンド花鳥風月は終了しました。

<最終メンバー>
六弦♂ツボんぬ
鍵盤♀路里
太鼓♂宮の字
四弦♂JAMマスター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[04/17 つBONぬ]
[04/17 sgi]
[04/08 つBONぬ]
[04/08 Kさんちのミミコ]
[03/21 つBONぬ]
[03/21 jamマスター]
[03/06 つBONぬ]
[03/05 jamマスター]
[03/05 つBONぬ]
[03/04 シンヤ]
メールフォーム
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]