忍者ブログ
新花鳥風月のバンドブログ 2011年4月りにゅ~ある
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ストラトの改造話に強引に戻しますが
すっかり皆さんにおなじみになった
「Standard Stratocaster Arctic White Maple Made in Mexico」です

ギターの紹介文には
「伝説を作るサウンド!伝説のFenderトーン!」
とか英語でいい事書いてます。

http://www.fender.com/products//search.php?partno=0144602380

買って直ぐに音質を確かめるために
花鳥風月の練習場で大音量で確かめました。
ずっと以前に紹介した、愛用のJCM800は不調のため

最近はROLANDのCUBE-60(今は後継機のCUBE-80Xが出てますが)
を愛用しています。音圧を出すために、マーシャルの10インチ×4の
スピーカーを並列につないで、同時に鳴らしています
DSCF1313.jpg





「ジャーッ、ジーッ、ジャララーン…」
「あれ?ストラトってこんな音だっけ?」
とても薄っぺらい出音です。

「Mexicoだから仕方ないのかな?」
これがピックアップを換えるきっかけでした。
「MexicoよりはJapanだろー」(何の根拠もありませんが)

まずは全然使用してない「ST-39」からピックアップを取外して
パラフィン漬けしてないので、代用のロウソクに浸しました。
この事も以前に書きました。

そして満を持して、再チャレンジ
「ジャーッ、ジーッ、ジャララーン…」
「あれ?ストラトってこんな音だっけ?」って変わらないなぁ。

「もう本物に換えるしかないなぁ」
「薄い音だし、ノイズも凄いから、Hot Noiselessが良いかも…」
これがピックアップを換えた本当の所以です。

そしてまた上記のアンプを引張り出して
何気なくCOSMアンプ・モデリングセレクトスイッチを見ると…。
「ガーン!ガーン!ガーン!(10回ほど続く)」
DSCF1311.jpg





そんな訳でStandard Stratocasterの
本当の音色は判らないままです。
今更元に戻す訳にも行かないしね

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
プロフィール
HN:
つBONぬ
性別:
非公開
バンド花鳥風月は終了しました。

<最終メンバー>
六弦♂ツボんぬ
鍵盤♀路里
太鼓♂宮の字
四弦♂JAMマスター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/17 つBONぬ]
[04/17 sgi]
[04/08 つBONぬ]
[04/08 Kさんちのミミコ]
[03/21 つBONぬ]
[03/21 jamマスター]
[03/06 つBONぬ]
[03/05 jamマスター]
[03/05 つBONぬ]
[03/04 シンヤ]
メールフォーム
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]